現場監督 ハウスメーカー


私が設計を担当します。



何もない土地に理想の住まいを作り出す住宅建築
その中で最も重要な作業の一つである設計
設計事務所に直接頼むと建設費の10%前後の費用が掛かる設計料
2000万円の家なら200万円。3000万円なら300万円・・・と高額です。

ハウスメーカーなら申請費用だけの所もありますが、
書くのは無資格の営業マンなんて事も多々あります。
当然営業担当の私が大手ハウスメーカー時代には自分で書いていましたし、
建築士を持っていない同僚営業マンが書くのが当たり前でした。

私が申し上げたいのは無資格でも一級建築士でも関係ありません。
お客様が納得されるまで一緒にお付き合い出来るかだと思います。
注文住宅はお施主様の意見が細かい箇所まで反映出来ます。
家で過ごすことが多い奥さまはキッチンや水周りの動線など特に気にされます。
我々建築士はお客様の要望を叶えられるよう建築基準法や構造などを考慮し
実現の手助けをするアドバイザーなのです。

お客様は初めての方が多くなかなか間取りを決めきれません。上手にリードしながら
打合せを進めていけるか。面倒くさがらずに対応出来るかによってお客様の満足度も変わります。
もちろん無資格で建築基準法を検討しない方では論外ですけど(^^;)

ただし、設計する人は出来れば自分が売っている住宅に住んでいる方がベスト!
一戸建てに住んでいる自身の生活を織り交ぜて話して貰えればわかりやすいからです。
担当する営業マンや設計士が独身やマンション住まいの方は注意が必要です。

決算だから値引きするから取り敢えず今契約して後でゆっくり設計を考えましょう
と言う営業マンにも注意です。契約したらほとんど来ることはないでしょう。
次の営業に追われてほったらかしにされるトラブルが多くあります(><)

弊社では半年〜1年近く設計打合せを掛ける方が半数以上もいらっしゃいます。
最長数年の方もいらっしゃいました(^^;)
私はお客様が納得するまでお付き合いするスタンスを取っています。
弊社も社長自ら設計するので設計料は一級建築士さんに支払う申請費のみなので
ハウスメーカーと同等です。社長の設計では頼りないと思われる方は多少費用が掛かりますが
弊社提携の一級建築士さんに依頼することも可能です。ご相談ください。
マクロホームとハウスメーカーさんとの設計対応の違いを比べて見てください。

私の住宅設計の進め方

・ご要望をお聞かせ頂きます。

・土地を見学して(測量図がなければ実測)日当たりや交通量隣家の窓の位置や給排水や電線などの近隣環境チェック

・PLANをご提出

・外観パースも毎回提出  間取り同時に外観も考えないといけません。

・修正PLANを何度も考えてベスト案になるまで繰り返し

ほぼ間取りが決まって来たら(次のステップ)

【開口部の検討】
・サッシやガラスの種類
・サッシの大きさと床からの高さ

【外壁・屋根の決定】
・重い材料は耐震設計上は不利になります。
・メンテナンス性も考慮して選びます。

【耐震等級の検討】
・耐震等級3の場合は間取りに制約を受ける事があります。
・耐力壁の量は配置。水平構面など

全て決まれば確認申請や長期優良住宅申請用の図面をお作りします。

以降は具体的詳細の設計打合せとなります。

【電気配線図】
・照明やスイッチ・コンセントなどを打合せます。

【展開図】
・室内の詳細図にて棚の高さや特殊な材料を貼る面など細かい打合せに使います。

着工してから上棟する間に決定してもらっています。

マクロホームとハウスメーカーとの違い

お好みの外観が実現出来ます。
同じ家は2件ありません。
プランは納得されるまでお付き合いします。
ハウスメーカーさんはスケールメリット活かして建築部材を絞り大量発注してコストを下げています。
ですからキッチンなどの住宅設備はもちろん、外壁や屋根材も指定されている場合が多く
企画住宅なども同様ですが、オンリーワンの家でなく同じハウスメーカーの家は似たような感じになります。
弊社はそういった部材指定はありませんのでどんな材料でも対応出来る自由度があります。
もちろん企画住宅もありませんのであなただけのオンリーワンデザイン住宅が出来るのです。