基礎 構造 耐震

トップ >マクロホームの家(構造・外部編)

マクロホームが特にこだわっている基礎工事

べた基礎

建物下の地盤全体に耐圧盤を施工し建物を面で支えることで、重み・地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができます。
軟弱地盤でも「不同沈下(地盤が不均等に沈下してしまう現象)」を起こしません。また、地面をコンクリートで覆うので防蟻対策としても有効で、地面からの水蒸気を防ぐ効果もあります。


鉄筋の量



コンクリートが圧縮してくる力に対抗し、引っ張られるときには鉄筋が対抗してくれる仕組みなんです。
だから鉄筋の量が多いということは、キチンとコンクリートに付着していれば、引っ張る力に対して強いということになります。
マクロホームではD13鉄筋を150ミリ間隔で入れてより強固な基礎を作っています。

コンクリート強度

基礎は住宅の要なのでしっかり作って貰いたいそう思われる御施主様も多いでしょう。しかし建築基準法ギリギリレベルで建築する業者が多い中で誰も問題視しないコンクリート強度。
あまりハウスメーカーでも話題になることもないと思います。
マクロホームでは長期優良住宅基準以上となる設計強度30N/mm2のコンクリートを使用してより強い基礎を目指しています。


コーナーハンチ



その他の工夫として基礎の建物には台風や地震によりねじれの力がかかり、このねじれを基礎は受け止めます。特に、基礎の角には強い力を受けます。
マクロホームでは基礎のコーナー部分に斜めのコーナーハンチ(三角)を造り基礎の剛性を高めています。


止水プレート


基礎ベースと立ち上がりの打継ぎ面からの漏水や白蟻対策として止水プレートが効果的です。


基礎点検口


断熱と気密性を確保しながらユニットバスの下を点検する為に基礎の立ち上がり部に設置します。建築業者の中には点検口をとらない業者さんもいますので注意が必要です。


その他の工夫

基礎パッキンロング



木とコンクリートは熱容量の違いで相性が悪い素材同士。コンクリートは熱伝導率が高く結露しますので基礎と土台の間でも結露が発生してしまいます。基礎コンクリート上に発生した結露水を土台の木が吸ってしまえば木が腐ってきます。そこでコンクリートと木の間に樹脂を挟んで結露をなくします。また従来の四角型の床下換気に比べ換気量が2倍近くなり基礎の断面を欠損ささなくて済むので耐震的にも優れています。

気密パッキン

床断熱仕様の断熱区画でも唯一基礎断熱となる箇所が玄関土間とユニットバス下です。その箇所は基礎パッキンでなく気密パッキンで隙間を防ぎます。マクロホームでは結露に配慮した断熱施工もしっかり行います。


床下点検口(収納)



床断熱仕様の断熱区画でも唯一基礎断熱となる箇所が玄関土間とユニットバス下です。その箇所は基礎パッキンでなく気密パッキンで隙間を防ぎます。マクロホームでは結露に配慮した断熱施工もしっかり行います。


床束

床下で見えない束の種類もさまざまです。マクロホームでは電気亜鉛メッキ及び黒色クロメート処理でサビに強い材料を選んでいます。また、大引(木材)と鋼製束の間にゴム製の板を貼った配慮もしています。


勝手口ポーチ


勝手口や掃き出し窓前のポーチですが、ハウスメーカーでは別途費用の場合が多いです。マクロホームでは極力工事中の追加費用が出ないようにあらかじめ分かっている工事は費用に参入しています。特に基礎に接して作る造作工事はシロアリに注意して施工しなければいけません。



特一等(とくいっとう)
流通の中で用いられる見た目のランク。
節と丸みの度合いに応じて、等級が付けられている。
特一等は正角のなかでも若干節はあるけど良質なものをいう。
ちなみにその下が一等(構造的に問題のない程度の死節や虫食い穴等がある)、二等と続きます。
- 乾燥の区分 メリット デメリット


未乾燥材 同じ木材で比較すれば、木材の中でもっともコストが安い。ローコストにするため建売住宅などで多用される。 乾燥が中途半端なため、完成後1年以上にわたって木材が収縮するため、バリバリと木がさける音がきこえ、壁などのクロスの割れ目が生じる場合がある。
注:ほとんどの場合は構造そのものに大きな影響は無い。
乾燥材 木の香り。で代表されるように集成材の接着剤などを気にする場合は無垢材が確実に安全。 乾燥させているため、建物が完成しても未乾燥材のように木材が収縮することはあまりない。無垢材であるため、木材の強度や品質に相当のバラツキがあり、木の選定や使い方に熟練を必要とする。


乾燥材 工場で乾燥され、成型されるため、木材の強度、品質が一定で狂いが少ない。乾燥木材であるため完成後バリバリという収縮音もほとんど発生しない。 接着剤で張り合わせているため、考えようによっては接着剤の耐久性、シックハウス等々の懸念はある。
注:最近の集成材はすべてF☆☆☆☆となっており、基本的に安全だが。

名称 使用部位 特徴
ヒノキ 土台・柱 耐久性が高く、強度も強いため、土台や柱に使われている
ヒバ 土台 ヒノキ以外で耐久性が高いために土台に多く使われている。ヒノキより安価。
スギ 柔らかい材料で、強度、耐久性はヒノキよりも劣るが、吸湿性の高さなどから、構造材、仕上げ材全般に使われている。
べいつが 土台・柱 外材で柔らかく耐久性は低いが加工がしやすく、安価なため、住宅用建材として多く使われている。
米松 粘り強いため、ほとんど梁に使われている。


マクロホームでは土台や柱などは一生取り替える事は出来ないので耐久性の高い樹種である檜特一等乾燥材を使用しています。また出来る限り兵庫県産材の地元の檜を使います。更に背割れは極力入れないようにしメンテンスの事も考え高価ですが良い材料を選んでいます。
梁は無垢材を使用すると梁の高さが大きくなるので松系(レッドウッド)材料の集成材を使用しています。
白蟻被害が多いホワイトウッドの外国産材は使っていません。

サイデイング

住宅では一番主流な外壁材で乾式工法のため施工性が良い。デザインも豊富で厚いサイディングだと本物のタイル見間違う物もあります。14ミリ釘止めと16ミリ以上の金具止めがあります。
マクロホームでは(30年ノーメンテナンス)で雨で汚れが落とせるニチハのマイクロガード品の金具止め16ミリが標準採用とし耐久性の高い仕様となっています。


吹付やタイルなどの湿式工法

サイディング以外ならモルタルの上に吹付や無塗装版の上から吹付やタイル貼り施工も行っております。

米国で生まれたアスファルトシングルは、約140年の歴史を持ち、全米の住宅屋根の約80%に使用されています。 新生瓦1/2(12kg/屐砲侶擇機7擇げ虻材を使用することで、地震による建物の揺れを小さくし、地震に強い住まいを実現します。自着材の働きで優れた防水性を発揮します。

開口部こだわり宣言のページで詳細を記載していますが、開口部は取っても重要です。ウレタンやグラスウールの比でなくガラス2枚なんですから、ここが住宅の断熱の弱点であることは確かです。マクロホームではガラスはペア(又はトリプル)の隙間に断熱性を増すためにアルゴンガスを封入(普通は乾燥空気)し断熱性を高め、夏の日射を遮るようにLOW-Eの遮熱タイプのガラスを採用しています。(1階窓は防犯ガラス付き)


ガラスは完璧にしているのにアルミサッシでは結露が起こってしまいます。ガラス枠だけでなくサッシも熱を1000倍伝えにくい樹脂(内外共)を採用しています。(北海道はほぼ100%採用)そして玄関ドアも断熱仕様でK2(D2)ランクの断熱性を確保しています。


近年、侵入犯罪の増加とともに手口の凶悪化が進み、防犯対策の強化が必要となってきています。 空き巣狙いの侵入方法で一番多い方法は、ガラス破り。なんと一戸建て住宅の空き巣の約7割をしめています。
窓からの侵入を防ぐために効果的な方法は、「破るのに時間がかかり、もし割れた際は大きな音のする窓ガラス」にすることです。
そんな機能を持ったガラスが、「防犯ガラス」。
マクロホームでは犯罪を未然に防ぐための高機能な性能を持った「防犯ガラス」を1階全ての窓に標準採用しており、暮らしの安全と安心をお約束します!

FRP防水はガラス繊維でできたマットをポリエステル樹脂で固めて防水層にする防水工法です。このマットの積層枚数を○PLY(プライ)とあらわします。1PLYというのはこのマットを1枚で防水層とするという意味。2PLYは1枚樹脂で固めたらその上にもう1枚やる、つまりマット2枚積層するということです。
マクロホームではアイカ工業ジョリエース2PLYを使用し10年保証に耐えるべく建物を雨から守ります。


基礎の立ち上がりにもエスケー化研のセラミスマイルを塗布し下地の微細なひび割れへの追従性があり、雨水の浸入を防ぎます。また、かびや藻の発生を抑制し、いつまでも衛生的な環境を維持します。  カラーセラッミク骨材を使用した自然石調の仕上げは、ボリューム感があり、高級な仕上げ感があります。

給水給湯

短命だった従来の配管に比べ、マクロホームでは耐久性は50年以上の給水給湯システム配管を採用しております。炭素と水素を主成分として構成された架橋ポリエチレンパイプと独自の配管システムで、いつまでもクリーンな水が利用できるようになりました。いつでもクリーンな水がうれしい錆が発生しない素材を用いているため、いつでも水はクリーン。半透明パイプなので水質チェックも簡単です。水量のバラツキが少ない各水栓まで分岐がないので同時使用による水量変化を低減。水漏れの心配も軽減二重構造のパイプで耐久性があり水漏れの心配も軽減。流水による衝撃音が少なく静かな室内環境を保ちます。


排水管

基礎貫通キットは給排水管のコンクリート埋設部をサヤ管化し、その中に可とう管を設置することで、後々の点検・補修もコンクリート躯体を傷つけずに行えます。その優れた特長から、品質確保促進法の等級2以上に対応すると共に、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)住宅の技術基準「耐久性・可変性に優れた住宅」に対応します。


2階の水廻り遮音性

マクロホームでは2階トイレの排水音対策のために専用配管を採用しています。優れた防音性能は、防音加工なし(塩ビ管のみ)の状態に比べて、排水騒音が15dB低下します。これは、騒音環境「深閑とした深夜の郊外」並みで、排水音はほとんど聞こえません。
また、半永久的に初期の品質を保持する特許(特許第3470149号)を取得しておりますので、 末永く防音効果を体感していただきます。



外部で見えるのに意外と無頓着な水切り。本来の役割である床下や外通気の換気の侵入口ですからしっかり選んでくださいね。マクロホームでは防鼠付きの水切りを採用してしっかり給気量を確保します。鋼板性を選んでいるのはアルミよりメンテナンス性が容易なので採用しております。

建物を大事に施工する会社である限り工事中の雪や雨水は大敵です。
常に工事中に一瞬木材に雨が掛かっても特に問題はありませんが、長い間雨水を吸水する事に何もメリットがありません。
マクロホームでは基礎工事のコンクリート打設時はもちろん上棟後の防水シートを張るまでの間は特に気を雨水に気を使い余分な水分を木材に掛からないようにブルーシート養生などで建物を守ります。




マクロホームでは東芝製とパナソニック製のいずれも世界トップレベルの発電量のモジュールを持つ2社の製品と取り扱っています。屋根の形状に合わせて最適なご提案を致します。
また、屋根に設置するので雨漏れなどがないように屋根屋さんにメーカー研修を受けてもらい直接設置しております。雨漏りのプロが設置する太陽光なので安心です。電気ももちろん建築工事と同じ電気屋さん(メーカー研修受講済)ですのでいろんな業者が複数いないのも安心な点です。






マクロホーム株式会社大阪