吹抜け ロフト 屋根裏部屋 

トップ >吹抜けロフト大空間のススメ



吹抜けを設けると寒くないですか?そうプランニングの際に聞かれます。

高気密高断熱住宅は外部を断熱材で魔法瓶のように包んでいるので家の中はどのような間取りにしても

均一な温度になります。そして一部分だけ暖めるのではなく家全体を暖めるので逆に障害物となる

2階の床・間仕切りや建具・複雑な間取り(小さい部屋をたくさん設ける)がない方が理想的なのです。

ただし吹き抜けは大きくしすぎると耐震性が悪くなりますのでほどほどに・・・

吹抜け写真
       
       
       
       
 



ロフトは屋根面に近く夏暑いのではと敬遠される方も多いですが、小さなお子さんなどは喜ばれますし、

デットスペースとなりがちな屋根裏ですが有効活用が出来るのも断熱がしっかりしているからなんです。

もちろん夏でもエアコンを付ければ最上階の部屋とほぼ同じ条件です。

小さなお子様の節句の飾り物やご主人様のゴルフや釣り道具そして季節物の衣類や布団なんかも

収納できてとても便利なんですよ。

しかもデットスペースの有効活用なので安価で出来ます。(おおよそ坪10万円程度)

法律の改正で直下階の半分まで使用可能になりましたので2階建ての2階の面積が20坪だとすると

10坪(20畳)の大空間のスペースが使えます。

ロフト写真

       



大きなリビングとダイニングそしてキッチン更には和室も隣接させて大空間を取りたい。

そんなに大空間にすると寒くなるのでは?とお思いの方も多いはず

しかしFPの家なら もうお分かりですよね。大丈夫です。

大きな空間にすればするほどエアコンの台数も減ります。反対に小さな部屋をたくさん作られる場合は

建具をしっかり開けておいてください。締切ると冷気や暖気がなかなか届かなくなります。

大空間のリビング

       



最近マクロホームで家を建てる方の中で流行りのスタイルがあります。

玄関から入った横に土間の空間を設けて汚れたものや釣竿・ベビーカー水に濡れてもいいものなどを収納します。

ある程度も大きさが取れれば家族用の玄関として奥さまが毎日片付けなくてもいいようにされておられます。

そしてリビング横に少し床より高い畳空間を設けて畳の下に収納を取る方も増えています。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭では玩具などの収納場所が一番の気がかりですがこの畳下収納があれば

すぐ出して遊べ使ったら戻せると子ども部屋でなく奥さまの目の届く範囲なので安心だとか・・・

是非皆さんも検討されてみては(^^)

土間収納

       
       
畳下収納

       
   


高気密高断熱の家って息苦しくなりそうだとか窓を開けたらダメだとかそういう受取り方をされる方がいます。

そんな事はありません。いままで通りの生活で何ら問題ありません。

真冬や真夏に断熱性が低い家だと暖気や冷気が隙間風から逃げまくって電気代が高くなります。

そしていくら暖めたり冷やしたりしてもいつまでも不快だったり部屋間や頭と足元の温度差はなくなりません。

逆に気候が良い春や秋そして初夏にはいままで通り窓を開けて下さい。

夏冬のエアコンをかけるタイミングも低断熱の家よりかは遅くでいいはずですから・・・

更に風の効果を上げたい方には・・・

ウインドーキャッチ効果を考えて外壁面に沿って流れる風を窓で捕まえて下さい。

どうすればいいかと言いますと安易な引き違い窓を多用するのではなく縦滑り窓を設けて下さい。

イメージは車の窓を開けても走っている時は風はあまり入って来ませんが、手を出して見てください。(注意しながら)

風が手にあたって室内に導かれるように入ってきます。

YKKAPの解説図より(詳しくはHPをご覧下さい)



設計の際に奥さまが一番悩まれる家事動線。

間取りでの家事動線は、例えば洗濯するのに洗面室がキッチンと近く干したり取り込んで

たたむ動作そして収納にしまう一連の動作で使いやすく間取りをレイアウトします。

キッチン単体の場合にも法則があります。『ワークトライアングル』と言います。


ワークトライアングルとは「シンクの中心」「加熱調理器の中心」「冷蔵庫の中心」を頂点とする三角形のこと

作業動線をチェックするには・・・「ワークトライアングル」が適当なバランスを

三辺の合計  3.6メートルから6M

保っているかどうか確認するとよいのです。 使いやすくなります。

また、各辺が長すぎると、動きに無駄ができて疲れやすくなり、

逆に短すぎると調理や配ぜん、収納などのスペースが足りなくなります。

これらの3つは、バランスよく配置されて、正三角形に近いほど、調理における作業効率がよいとされています。

最近の上位グレードのキッチンは、シンクの位置や食器洗浄乾燥機の位置など自由構成が可能です。

工夫次第で、ワークトライアングルを検討することができる理想的なキッチン配置ができます。

一度キッチンを展示しているショールームに出かけましょう。



マクロホーム株式会社大阪