高気密高断熱 住宅 大阪 神戸

このページでは、当社の出来事や「家づくり」に関するお知らせ事項お得な情報や なんでもない日常の出来事 ぜ〜んぶまとめてUPします。
私の人柄や考え方にプライベートまで丸裸で発信します。
特にペットネタや映画ネタが好評みたいです。
毎日更新を目指していますが、たまに忙しくなると数日分まとめてUPしてしまいます。そこはご愛嬌(^^;)
弊社はハウスメーカーのような突然お客様の所に訪問したりする営業は致しません。
これまで建築頂いた方は、このHPを見てのお問い合わせとOB様のご紹介だけです。
ですから特にこれから家を建築する方へ向けて出来るだけ良い情報を発信したいと思います。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
エコ住宅 ブログランキング

ツイッター

ランキングに参加中です。更新の励みになりますのでワンクリックお願いします。
代表取締役 諸岡健二


コンクリート打設
9月28日




鉄筋に問題がなければ設備屋さんのスリーブ入れを行いそしてコンクリートを打設します。

今回はベース(底盤)コンクリートです。

またしてもポンプ車が登場です。

本当はベースと立上りを一緒に打ちたいのですけど なかなか難しいので弊社の工夫として

ベースと立ち上がりの間に止水プレートと言う鉄板を入れて雨の染み込みや白蟻が入ってこないようにしています。

職人さんはポンプ車の圧送する人 ホースを持って流し込む人 

しっかり端の方までコンクリートが詰まるようにバイブレーターを持ってきっちり確認する人

天端が揃うように均す職人さんと最低4人必要です。

大きな現場ではあと1・2人増やします。

そして弊社の現場監督が立会います。

上棟ほどではありませんがガードマンさんなども入れると結構な人数になります。

道路を使わしてもらうので事前に警察で道路使用許可を取ったり近隣様に挨拶したりと準備はかなり前から行います。

立上りの際は少量の雨でも型枠があるので養生して打つことも可能ですが、ベースの場合は難しいので気を使います。(てるてる坊主作って祈る気持ち)

今回はくもりでしたので大丈夫でした。(^^)

次は立ち上がりの型枠を組んでアンカーボルトやホールダウン金物をセットしてから

立ち上がりのコンクリートを打つ予定です。
2019/10記事一覧

過去の記事



マクロホーム株式会社大阪